本文へスキップ

茨城県立医療大学保健医療学部看護学科

学科の紹介INTRODUCTION

看護学科について

 看護学科の教育は、学生が持つ個別の力を大切に、論理的思考力、問題解決能力、豊かな人間性を基盤とした医療者としての高い倫理観を育成することを目指します。さらに、急速な少子高齢化社会に対応し、保健医療施設、地域など多様な看護活動の場において、保健医療福祉分野の専門職と連携して、あらゆる発達段階・健康レベルの人々のニーズに応えられる実践能力および生涯に亘って看護専門職として発展するための基礎能力を備えた人材の育成を目指します。
 看護への興味関心があり、生命への尊厳と他者への思いやりをもち、知的好奇心をもって主体的に学習する学生を求めています。

  • 4年間で全員が看護師保健師の受験資格を得られるカリキュラムになっています。
  • 平成26年4月から助産学専攻科が開設されたため、、平成22年度入学生から助産学選択制を廃止しました。

学科長メッセージ

   茨城県立医療大学は、看護学科と理学療法学科、作業療法学科、放射線技 術科学科の4学科を持つ大学として1995年4月に設立され今年で20年を迎えます。設立当初から、チーム医療教育に重きを置き、昨今ではさらに発展させた形の多職種連携コース(IPEコース)へと発展させています。IPEコースは、4学科共通科目として1年次から4年次に設けられ、多職種協働の理論と実践をアクティブラーニングの手法を用いて主体的に学び、卒業後の実践の幅が広がることを目指しています。

 看護学科では、実践の科学である看護学を中核に据え、リハビリテーション専門病院である付属病院および地域の保健医療機関との連携を密にし、医療専門職業人としての知識・技能・実践力に優れた人材育成に力を注いでいます。学生たちは講義や学内演習ばかりでなく、茨城県内の様々な病院や保健所・保健センター、老人施設における臨地実習を経て自らの課題解決力を培い、卒業後は、看護師・保健師・助産師として活躍しています。また、特に本学の特徴として付属病院設立以降19年続く「ユニフィケーション」があります。これは、実践・教育・研究の統合を目指す概念であり、病院スタッフと教員とが協働して組織運営と多様な活動を行い、全国からも注目されています。
 さらに、高度専門職業人育成を目指して保健医療科学研究科(博士前期課程・博士後期課程)を開設し、多くの修了生が現場実践における問いを生かし、学問的探究を論文として社会に発信しています。
21世紀は、世界中で人の生涯に寄り添う看護が求められています。一緒に看護を学び、かつ新しい看護の知と実践を築く仲間として、一人一人の「あなた」との出会いがあることを願っております。

編入学について

平成25年度より編入学制度を休止しております。

卒業後の進路

看護師・保健師
 看護師や保健師として、疾病のある方のケアや、疾病を予防し、健康の保持増進を目的として、個人や家族、さらには地域住民といった集団に対して、保健活動を行うなど、病院や地域を含めてあらゆる場所で活躍しています。

その他
 大学院へ進学したり、教育期間での指導者になることもできます。臨床経験を積み重ねた後、特定の専門分野のエキスパートとしてより専門性の高い看護師になる道もあります(専門看護師・認定看護師)。

就職状況
 高齢社会の進展や医療技術の高度化に伴い、高い資質を備えた本学の看護学科卒業生に対する期待は年々高まっています。今年度も就職率100%を達成し、就職希望者は全員が希望通りの就職を果たしています。

主な就職先
☆看護師
【茨城県内】
 水戸赤十字病院・北水会記念病院・茨城県立中央病院・牛久愛和総合病院・土浦協同病院・筑波記念病院・茨城県立 医療大学付属病院・筑波大学附属病院・筑波メディカルセンター病院・茨城西南医療センター病院
【茨城県外】
 いわき市立総合磐城共立病院・千葉西総合病院・国立国際医療研究センター病院・慶應義塾大学病院・昭和大学横浜 市北部病院

☆保健師
 ひたちなか市役所・小美玉市役所・守谷市役所・取手市役所・新日鐵住金鹿島製鐵所

☆進学
 茨城県立医療大学助産学専攻科


バナースペース

茨城県立医療大学保健医療学部看護学科

〒300-0394
茨城県阿見町阿見4669−2

TEL 029-888-4000